自分ではあまり革のお手入れを意識したことがないのですが、ざっくり解説してみようかと思います。

まず、キャラメルキュールが扱っている革のほとんどがオイルレザーなので、もともと革がオイルを含んでいるという前提があります。革によってオイルの含有量が異なりますので、すべてが同じような感じではありませんが、とりあえずオイルレザーという括りで話をします。

 

たとえばエルバマットですが、オイルの含有量が高いので、ちょっと布で擦っただけでテカテカになります。テカテカになると同時に革表面の色が少し濃くなります。つまり、擦っただけで表面の色合いが変化するということです。この点に注意するというか、理解した上で手入れをする必要があります。

 

まだ新しいうちはオイルレザーにオイルを塗りたくる必要はないと思います。きれい好きな人であれば、表面の汚れを乾布で拭き取るくらいでいいかと思います。ただし、上記のように擦ると色合いが変わることがありますので注意してください。

 

ブラッシングも注意が必要です。ブラシの硬さ、ブラッシングするときの力のかけ具合など、最初は慎重に対応するのがいいと思います。無理にブラッシングする必要もないと思いますので、ブラッシングはスルーしても大丈夫かなと思います。

ほこりがたまり易い縫い目がある革などは汚れを落とすという意味でブラシをかけてもいいでしょう。ただ、細い糸で縫い上げてあるような場合、糸のつなぎ目が解けたり、糸を傷つけることもありますので、慎重に対応しましょう。

 

革にオイルを塗る場合、キャラメルキュールが使っているのは誠和の保革クリームです。

 

 

通常はほとんどオイルを塗ることはありません。オイルを塗るのはたいていの場合、以下のパターンです。

 

・革表面が乾いてパサパサになっている場合

このパターンはほとんどありませんが、そんな状態に陥った場合は表面をきれいにしてからオイルを塗ります。

 

・うっかり革表面にラーメンのスープが飛び散った場合

ラーメンに限らず、油分が含まれた液状のものが革表面に飛び散ることがあります。そうすると革表面に点状に跡が残ってしまいます。この点状跡を消すためにオイルを塗ることがあります。ただし、完全には跡が消えません。

 

・「手入れをせねば」という強迫観念に襲われる場合

多くはこのパターンです。ちょっと時間があって「あ、そうだ」という感じで革をすりすりします。ついでにオイルも塗っておこうという感じです。

 

まぁだいたいこんな感じです。

 

コメント
コメントする