ハンドメイドフリマに出展する、ということは、もっとたくさん作品を作る必要がある、という展開になります。

作品の種類を増やす、色を増やすという、作品作りに燃えている自分にとって、火に油を注ぐような展開です。

 

特に「色を増やす」という考えは非常に魅力的です。新たに型紙を作る必要もなく、新色の革を購入するだけです。キャラメルキュールの色展開が足早に進んだのは、このような心の背景があったからです。

 

そしてハンドメイドフリマの初回を迎えます。こうやって写真を見てみると、まだまだ品揃えはかわいいものです。測量野帳カバー、A6サイズカバー、A7サイズカバー、それにA8サイズらしきものもありますね。ペンケースとチャームも。

 

 

ハンドメイドフリマのいいところは、直接みなさまとお会いでき、お話もできる点です。「ロディアの縦型メモ帳カバーが欲しい」とか、さまざまな要望も聞くことができました。そして、直接作品を手に取って、手触りや色合いを確かめることができます。

 

このあと何回かハンドメイドフリマに出展するのですが、Twitterでそのことをつぶやくたびに「通販しないの?」という問いかけをいただきました。さすがに通販までは手を出せないなとずっと思っていましたので、当時はCreema出店など全く考えていなかったわけです。

 

あくまでも趣味で作っているだけだし、作ることが楽しいから作っているだけで、ちょっとでも材料費をまかなえればいいかなという思いで、ハンドメイドフリマに単発出店しただけ、という感じですね。

 

結論から言えば、Creemaに出店して、全国のみなさまに作品をご購入いただき、なんか世界がぐーんと広がったなというのが現在の心境です。

 

 

----------------------------

キャラメルキュールの作品はこちらでご覧になれます

https://www.creema.jp/creator/2332771

----------------------------

 

 

コメント
コメントする